注文がイベント時には殺到

注文がイベント時には殺到

ピザの宅配というと、1990年代ではよほどの人気がありまして、当時では友人、知人などが集まる場や、家族内でも誕生日とか大型連休、お盆やクリスマス、年末年始などのイベント時には注文が殺到し、一大ブームのようになりましてました時代もあったのでした。時が過ぎて現在ではやや落ち着きの様子のある業界となり、販売しましたりする商品の価格も、以前までの時代と比べると随分と抑えたものとなってます。このお店はフランチャイズに本来加盟してたのですが、本部の解散によって、フランチャイズ店に独特なルールに縛られる事なく、自由に経営するコトが可能となりましたという、奇怪事例のお店デス。そこでオーナーが考え出させてみた事が、ケータリングカーです。つまり、ニューメニュー開発、そして販売する事も自由で、食材の仕入れ先も自由ということで、できる限り仕入れ費用を抑えるために、時には周辺の農家に仕入れに行くこともあるといいます。知人の経営する店舗しかしていながら、売り上げがチョット下がっていて、お店を維持していく上では、極力人件費を抑え、広告費用の削減として、空きの時間があるならばポスティングに自ら出掛けていますのです。この業態の店舗では、広告を配布して、それを見たお客様からの注文の電話を待つというスタイルなためには、商社などの営業とは異なり、ただ注文を待つだけとなってしまいましたとしてましたんだとしてましているのです。近隣の都市にピザの宅配業を主にやっているお店がありながら、オーナーとはちょっぴりの縁があって、お付き合いがあっています。

トップへ戻る